LaT! : Live as Think

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LaT! : Live as Think

悩めるサラリーマンが悩んだ挙句に転職するまで

自信がない人は「無意識の謙遜」でますます自信がなくなる

コラム

こんにちは、福岡市在住サラリーマン兼ブロガーの糀【こうじ】 (@COMEtheKNEE) | Twitterです。

無意識の謙遜をしていると、無意識のうちにその通りの人生になるという恐ろしい話、実体験です。

 

f:id:cometheknee:20151105140038j:plain

 

自己紹介から無意識の謙遜が始まる

大人同士が自己紹介をするとき、大抵は「職業」の話になります。

例えば、ごく一般的なサラリーマンの方は、「いやぁただのサラリーマンですよ」とか言いますよね。

僕もそうでした、これっていわゆる謙遜です。

特に自分に自信がない人は、謙遜することで一旦己のハードルを下げようとします。

ハードルを下げさえすれば超えるのが簡単だからです。

これ、ほおっておくとまずいですよ。

最初は本当に低いハードルで、簡単に飛び越せていました。

でもいつの間にか、知らないうちに、その低いハードルしか飛べない人になります。

本当の本当に「ただのサラリーマン」になりますよ。

 

信じていることはその通りになる

実体験ですが、本当に信じていることはその通りになります。

いろいろな自己啓発本やセミナーで「人生思った通りになる!」みたいなことが話されていますが、これのことです。

自己啓発ヲタ」的な発言ですが、結局は「思ったことを信じきること」が大事らしいです。

本当に信じきっていることであれば、人間は自ずとそれに近づく行動をとるからという原理です。

ここで大事なのは、「無意識=信じている」だと言うことです。

無意識で行われる自分の言動に対して、人間は意識を向けません、その言動を疑いません。

自然に信じていることですので、自分が言った通りの行動をし始める、という仕組みです。

 

無意識の謙遜でますます自信がなくなる

謙遜してハードルを下げるというのは、所詮コミュニケーションのテクニック程度のことです。

相手にも謙遜されたとしか思われず、ハードルを下げる効果はないです。要するに無意味です。

謙遜は、初めは謙遜です。要するに嘘です。

しかしいつしか無意識に謙遜する発言を繰り返していたら、あなたは本当にそんな人になるでしょう。

低いハードルしか飛び越せなくなると、高いハードルを目の前にしただけでビビります。

「こんなはずじゃなかった」と思うと、ますます自信がなくなるわけです。

 

無意識で行われる言動は、無意識に自分の人生を決めている。

謙遜は意識的に、と言うより意味がないことなのでしない方が良いですよ。

広告を非表示にする