LaT! : Live as Think

LaT! : Live as Think

悩めるサラリーマンが悩んだ挙句に転職するまで

未来の幸せと今の不幸について

 

今の自分って不幸なのかな?っていうのが最近ふと思ったこと。
 
確かに不満や不足を感じる日々は続いてて、「このままでいいのか俺!」的な危機感?みたいなものを感じている。自分の不満や不足を全て達成したり改善していけたらキラキラしたような未来があるような気もする。満足げな自分の顔が脳裏に浮かんだりする。でも現状は、その改善をサクサク進めることができない自分がいて、結局漠然な危機感を感じたまま、何も変わらない。
 
「未来って明るくて何でもできて、可能性は無限大で、自分にできないことはない!」中年のリーマン野郎が何を言ってるんだって話はなのは百も承知なんやけど、何でも出来るやんって言い分はあながち間違ってないような気もするし、自分の可能性を自分で狭めるんじゃない的な記事もたくさん死ぬほど目にしたことあるし。じゃあこの現状はなんだ!?この漠然とした危機感はなんだ!?と思っていたところで、偶然読んだ森川陽太郎さんのインタビュー記事の一節を借用する。
 
でも、本当は自分がやりたいことが今から未来につながっていれば、今も幸せになれるはずなんですよね。そのつながりを切り離して、「未来の幸せ」だけを見てしまっているので、今が不幸だと感じてしまう人が多い。
 
 
これだよね、これ。まさにこれ。これしかない。今と未来が全然繋がってない。僕が想像してる未来は今と繋がっていなくて、まるで他人の未来。この他人はおそらくどんな困難にも立ち向かっていくスーパーマンなんよね。今んとこ僕はスーパーマンじゃなくて、リーマンなんよ。未来の幸せをあまりに高くしすぎて自分にも望みすぎて、今とう現実から離れすぎて、いつのまにかその未来から、今の自分を見下してしまって不幸だと思ってる。自分で自ら設定した幸せの高さで自らを苦しめてる。自分で自分の首をしめてる。
 
そう思ったら「あれ!?冷静に考えたらそこまで不幸じゃないな。」っていうのが冒頭の自分のふと思ったことに対する一次回答だな。まずは今の自分を見つめ直すこと。OKなとこもNGなとこもあるよ。でもね、NGなことを治し続ける人生って楽しいのかな、というより治らないことやどうにもならんこともあるだろう。どうしても譲れないことや、これだけは治したいNGな部分がどこかを整理してみよう。あとは良いじゃないか、そこから今と未来が繋がるんだろう。
 
広告を非表示にする